サプリについて

 

サプリは健康食品の一つ!


サプリの正式名称は、ダイエタリーサプリメントといい、分類上は健康食品となります。

 

薬と間違われることが多いですが、サプリは薬のように薬事法をクリアした製品ではないため、特定の疾患に対して直接効果があるというものではなく、あくまで健康の増進のために、不足しがちな栄養素や成分などを補うためのものです。

 

また、薬は副作用の危険性があるので、特定の薬局や薬剤師が駐在している所などでしか買えないのに対して、サプリは薬局やドラッグストア、スーパーなどだけでなく、最近は通販でも気軽に購入することが可能です。

 

ただし、気軽に購入できる一方で、効果が期待できるかどうか怪しいものも販売されているので、サプリを選ぶ際には注意が必要になります。

健康食品について

 

健康食品は薬の代わりではなくあくまで健康の増進を助けるためのもの!


健康食品は、特に法律などで定義付けられたものではなく、様々な栄養素や成分を含む健康の増進に良い食品など、様々なものが健康食品に含まれます。

 

先述したサプリも健康食品であり、また後述する機能性表示食品や特定保健用食品も含まれます。したがって、健康食品は薬の代わりにならず、あくまで健康の増進を助けるためのものになります。

 

このように、定義が非常に曖昧であり、かつ含まれる範囲が広いために、日常生活で目にするありとあらゆる健康食品の中から、自分に適したものを選ぶのは容易ではありません。

 

ただ、様々な種類があるということは、自分の好みや目的に適したものが必ずあるということにもなりますので、じっくりと選んでみましょう。

機能性表示食品について

 

具体的に体のどの部分や機能に対して効果があるのか表示されている


機能性表示食品は、後述する特定保健用食品と非常に混同されやすく、実際にその中身も類似するものが多いです。

 

強いていえば、機能性表示食品は特定保健用食品よりも、具体的に体のどの部分や機能に対して効果があるのかというものを示しています。

 

機能性表示食品は、消費者庁から許可されたマークなどはなく、当該食品のパッケージに機能性表示のマークがあります。

 

また、国が定めた特定の企画基準に合格する必要があるため、特定保健用食品よりも数が少ないというのも特徴の一つです。

 

消費者にとっては、具体的な機能性をチェックすることができるため、より健康を増進させるためのものを選びやすくなります。そのため、その数は今後も増えていくことが期待されています。

今話題の機能性表示食品である葛の花サプリはこちらのページでご紹介しています。

特定保健用食品について

特定保健用食品は、トクホの愛称でよく知られており、その数は年々増え続けています。

 

機能性表示食品よりも効果の現れ方などの説明が広く、たとえばお腹の調子を整えることや、血糖値が気になる方向けなど、具体的な臓器などの器官は記載されないことが多いです。

 

もちろんトクホも他の健康食品と同じく医薬品ではないため、特定の疾患や症状を完治させる目的では利用できません。

 

ただ、用法や用量をしっかり守ることにより、疾患や症状を予防したり、治癒を速めたりすることは可能です。

 

トクホとして販売されている商品や製品の数は多いので、消費者はしっかりと吟味しながら選ぶことが必要となります。他の健康食品と併用して利用することも効果的でしょう。